2020年02月17日

審査期間

入管への申請取次を受けるとき、必ず受ける質問がある。
(審査に)どれぐらいの時間がかかりますか?
当然だが、受付からすぐに審査が始まるわけではない。
げんそくとして受け付けた順から審査に入るので、審査が始まるまで相当な時間がかかる。
その時間も含めての標準処理期間だが、ケースバイケースとしかいいようがない。
公式情報としては法務省の該当ページ
在留資格認定証明書が1〜3ヶ月、在留期間更新が2週間〜1ヶ月、在留資格変更も2週間〜1ヶ月としているが、この情報は古い記載のまま更新されておらず、現在はこの最長、あるいはこれ以上かかることを覚悟しておいた方がいい。
入管が発表している平均日数はこれ。
在留審査処理期間(日数)の公表について

直近の第2四半期(令和元年7月1日〜9月30日)だと「技術・人文知識・国際業務」だと在留資格認定証明書で50.5日、在留期間更新でも31.4日、在留資格変更なら41.8日と相当に長期化している。
あくまでも平均日数なのでこれだけ待てばよいというわけではなく、これより大幅に早く結果がでることもありうる。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 17:21| Comment(0) | 外国人ビザ

2020年02月16日

帰化後の本籍

帰化した後の本籍をどうするかも悩みどころ。
現住所を本籍地にする人が多いが、日本国の領土内ならどこでもいいと聞いて悩む人もいる。

本籍地といえば、帰化後転籍する人もいる。
作ったばかりの戸籍謄本には帰化した事実が記載されているが、新しい戸籍謄本にはその事実が記載されていない。
除籍謄本を取得すれば、わかってしまう事実だが、転籍を繰り返せばわかりずらくはなる。

これも一昔前は帰化した事実をわかりにくくするサービスとかいってオプション料金をとっていた先生もいたが、現在はごく当たり前の事実としてネットで公開されている。

再婚を有利にするため、離婚した過去を隠したい人も利用するテクニックらしい。
バレたとき、かえって相手に不快感を与えると思うのでやるべきではないと思うが。

帰化した場合も帰化した事実を記載された戸籍謄本が必要になった場合、かえって面倒になるのでやめた方がいい。
後日、兄弟が帰化することになった場合も(帰化した兄弟がいる場合、帰化事実の記載された戸籍謄本が必要となる)、余計な手間がかかる。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 15:15| Comment(0) | 帰化

2020年02月09日

帰化後の氏名

帰化許可申請書には「帰化後の氏名」を書く欄がある。
在日コリアンの場合、通名をそのまま帰化後の氏名にするケースがほとんどなのだが、そうしなければならないということもなく、まったく新しい名前をつけることも可能。

いわゆる姓名判断、字数や画数にこだわる人もいる。

また、いわゆる在日っぽい名前はいやだという人もいる。
ネットでこういった名前は在日が多いなどという書き込みを読んで気にしているようだ。
正直、どこまでそのあたりを気にしている人がいるのかは疑問なのだが……。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 20:05| Comment(0) | 帰化