2020年02月27日

永住許可できなかった外国人の子供の就職についての救済措置

永住許可の審査基準が厳しくなり(永住許可だけが厳しくなっているわけではないが)、永住許可の許可率が下がっていることは前回述べた。
実は永住許可ができなくて困るのは本人よりその子供だったりする。
本人はそのままの資格(「技術・人文知識・国際業務」など)で今までと同じ仕事なら働き続けることができる。永住許可とともに転職したり、起業したりすることを予定している場合は計画変更ということになる(まあ、他にも「永住者」でないと住宅ローンが組めないとかデメリットはあるのだが)。
ところが、「家族滞在」の子供はそのままでは働けない。

親が永住者になれば妻や子供は「永住者の配偶者等」に資格変更でき、永住者と同じくどんな仕事もできるようになる。
しかし、そもそも親が永住許可されなければ、「家族滞在」のまま。
「資格外活動許可」申請をしても週28時間以内のアルバイトしかできない。
「家族滞在」から「永住者」になることは不可能。
永住許可申請には単に10年以上在留していればいいというわけではなく、就労可能な資格で5年以上在留している必要があるからだ。

大学を卒業していれば、「技術・人文知識・国際業務」などへ資格変更が可能だ。
しかし、高卒で働きたい子はどうすればいいか。
実は救済措置がある。
「家族滞在」の在留資格をもって在留し,本邦で義務教育を修了した上,高等学校卒業後に本邦での就労を希望する方へ
小さい頃、親とともに来日し、少なくとも小学校3年ぐらいまでに入学し、高校を卒業した子は「定住者」に資格変更できる場合がある。
「定住者」は「永住者」と同じく活動内容に制限がない資格だ。
ある程度大きくなってから来日した子(中学校2年)でも「特定活動」資格変更できる場合がある。
「特定活動」は活動内容が不定の資格だが、少なくとも申請した仕事はできるという扱いにしてくれるのだろう。

親の不都合で不利益を受ける真面目な子供に対する例外的な救済措置というのが立法趣旨であろう。
よって、要件はかなり厳しく審査されると思われる。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 16:54| Comment(0) | 外国人ビザ

2020年02月26日

永住許可の許可率と処理期間について

永住許可の審査基準が厳しくなり、許可率が下がっていることは前に触れた。
どの程度、許可率が下がっているのか?
許可率については公表されている。
2011年の全国における永住許可の許可率は72.72%。その後、徐々に下がり、2018年は51.66%となっている。
名古屋入管のみの場合はさらに低い。
2011年が63.61%。2018年は30.39%。
もともと低かった許可率が急減している。
他の入管はここまで低くはなく、急減もしていない。
他の申請、在留期間更新などは他の入管と比べ特に低いわけではないのに、永住許可については名古屋は厳しい。

審査基準については税金、年金、保険料の滞納について厳しく審査されるようになったようだ。
以前は、滞納している分を支払えれば許可されたが、現在は支払っても許可されない(滞納期間による?)。
ある程度の期間(2年?)継続して支払わなければ許可されないようだ。
(年金、保険料を滞納しており、入管の指示に従い、入金したのに、結局許可されなかったという相談を受けたことがある。ただし、滞納だけの理由で不許可になったのかどうかも判断できない。)

処理期間についてはどうか?
永住許可の標準処理期間は公表されていない。
他の申請の標準処理期間は公表されているのに不思議だ。
在留審査処理期間
永住許可申請のページには標準処理期間4ヶ月とあるが、処理期間が短かったときから修正されておらず、まったくあてにならない。
しかし、以前に比べ長くなっていることは間違いない。
以前、名古屋入管審査官から平均9ヶ月かかると聞いた。
現在、さらに長くなっている可能性もある。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 12:06| Comment(0) | 外国人ビザ

2020年02月24日

行政書士申請取次実務研修

先週の金曜日、2月21日、大阪で「行政書士申請取次実務研修」を受けてきた。
申請取次の更新申請にはこの実務研修の修了証書のコピーを添付しなければならない。
(書式の説明にはないが、愛知県行政書士会の場合、愛知県行政書士会の行う研修の修了証も必要。更に3年分の申請取次の実績報告書も必要。単位会によって、かなり違いがあるようだ。)

大阪入管の大塚統括審査官、申請取次行政書士委員会の西川先生らによる講義が行われたが、時間が限られていることから早足も早足。
大量の資料を渡され、要点をチェックするだけで終わる。

要点はやはり、「特定技能」
政府は4万人を見込んでいたが、現状遠く及ばない。
しかし、11月から急増しているので今後増えるだろうとのこと。

西川先生からは最近の改正点について。
改正点については法務省のサイトで告知されるが、突然告知されるので常にチェックすることが必要。
最近の動向については永住許可の要件が加重され、許可率が著しく下がったという点が印象に残った。

マークシート方式による効果測定。
入管についての知識を問う四択問題だが、この成績が悪いからといって修了証書がもらえないということはない。
事前に問題集をやりこんでおけば10問正解もむずかしくない。
ただ、ひっかけ問題も多く、事前に予習をしておかないとむずかしいかも。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 21:34| Comment(0) | 外国人ビザ