2020年03月09日

許可されるか不安だった経営・管理の期間更新が許可された

審査に1年近くかかった、永住許可の通知がやっと来たことを前回のブログに書いた。
同じ日、「経営・管理」の在留期間更新許可申請の許可通知も到着した。
こちらは2020年2月7日申請で通知書の日付は2020年3月6日。
約一ヶ月。
統計によれば直近の平均処理期間は32.5日なのでさほど時間がかかったわけではない。
しかし、この会社は以前から財務状況が悪く、今回ついに債務超過状態になり、会社を解散し、新会社を設立して期間更新を申請するという難しい状況だった。
最悪、不許可となり、再度在留資格認定証明書交付申請を行うことも覚悟し、申請人にも説明していたので嬉しさもひとしお。
やはり、新会社が大手グループの新規プロジェクトに関する契約を締結したことが効いたか(契約書と、契約期間終了後も契約を継続する旨の通知の写しを添付)。
むろん、新会社の事業計画書もそれなりに力の入ったものを用意した。
旧会社解散に至った経緯(申請人に責任がなく、債務も親会社が負担し、申請人が負担しない点)、新会社の展望についての理由書もかなり力をこめて書いた。
私が自ら撮影した事務所、倉庫の写真も何通か添付した(状況を説明したWORD文書に貼り付け)。
申請人の新規事業に向けての努力が評価されたことが一番の要因とは思うが、私の努力も多少は影響したと思いたい。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 11:46| Comment(0) | 外国人ビザ