2020年03月22日

申請人に「理由書」を自筆してもらうこと

外国人ビザの申請については「理由書」を添付することが多い。
永住許可申請については明確に必要書類とされているが、必要書類とされていない場合でも添付することが多い。
在留資格認定証明書交付申請(ビザ取得)においては「なぜ、日本で生活しなければならないかという理由」を説明し、在留資格変更許可申請においては「なぜ在留資格(ビザの種類」を変更しなければならないかという理由」を説明する書面を添付する。
在留期間更新許可申請についても、別居などの特殊事情がある場合は理由書を添付する。

聞き取りによる内容を行政書士が代筆し、申請人(外国人本人)の署名をもらってもいいわけだが、その場合、申請人本人が内容を把握しているか疑われる可能性もある。
入管は雇用主と取次行政書士のみが前面にでて、申請人がつんぼ桟敷におかれているような状況を嫌う。

そこで、私は原則として申請人本人に理由書を自筆で書いてもらい(末尾にサイン)、自分でもその理由書を補足する形で理由書を作成し、申請取次行政書士として記名押印をする。
1申請人自ら手続きに関与しているという姿勢を見せることができるし、
2聞き取りの場合、どうしても齟齬が発生するおそれがある(その齟齬が後々致命傷になる可能性もある)

さらに理由書は申請人の母国語で書いてもらい、訳文を添付してもよいが、可能なら日本語で書いてもらう。
拙い日本語であってもかまわないと伝える。
ひらがな、カタカナだけでも、文法的誤りがあってもかまわない。
読み書きができなくても、日常会話に不自由しないレベルならローマ字表記(「watashi wa 3nen mae nkhon ni kimashita」)で意味のとおる日本語を書くこともできる。
これにより、申請人の日本語能力のみならず、日本への定住への熱意までも示すことができると信じている。
帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 20:49| Comment(0) | 外国人ビザ