2020年09月29日

韓国書類の取得

韓国から書類を取り寄せるのは昔は大変だったと前回書いた。
いや、当時はなれない韓国語(韓国の人にとっては相当変だったと思う)で申請書を国際郵便で送った。
返信用の封筒を入れておいたが、やはり規格がちがうらしく、変な日本語が書かれた茶封筒で書類が送られてきた。
手数料については 日本円を多めに入れて送った。
当時は円がウォンに対し、今以上に強かったからまあいいだろうとw。
お釣りはこないことも、ウォンで送ってくれることもあった。
今思うとおおらかな時代だった。

その後、帰化を依頼する本人は韓国語がわからなくても、父母や祖父母は韓国語がわかり(一世なら当然だし、二世でも日常会話程度なら問題ないケースが多い)、韓国との親族との交流もあるケースが多いことがわかった。
現地の親族に連絡して取得してもらい、郵送してもらうのが早い。
現地に定期的に里帰りしている人の場合、現地で取得して持ち帰ってもらえればいい。

依頼人が望むのは、早く確実に許可を勝ち取ること。
もちろん、なかにはすべての作業を丸投げしたいという人もいる。
しかし、わずかでも許可が早く確実になるのであれば、自分が動くことはさしつかえないという人も多い。
そのことがわかるまで長い時間がかかってしまった。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 17:23| Comment(0) | 帰化