2020年04月01日

餅は餅屋

「餅は餅屋」ということわざがある。
私は「餅を作るのは素人にはできない。素人にはできない仕事は専門家にまかせるべき」という意味の言葉だと思っていた。
しかし、本来の意味はちがうらしい。
昔は餅は家庭で作るものだった。
各家庭に小さいな臼と杵があり、正月にはもち米を買い、自宅で蒸して餅をつくるのだ。
餅は本来家庭でつくるもの。
しかし、餅屋の餅は家庭でつくる餅とは一味ちがう。
素人ができる仕事でも、その道のプロ、専門家の手際のよさは一味ちがうから、大事な仕事は専門家にまかせるべきという意味らしい。

まさに、プロは一味ちがうという体験をしたことがある。

フィリピン人のビザ申請でフィリピンの結婚証明書と出生証明書を提出することになった。
原文は英語。
入管に提出する書類は外国語であれば日本語の翻訳文を添付しなければならない。
いつも、自前で翻訳するのだが、そのときは期限が迫っていた。
そこで翻訳業者に依頼することにした。
ここは名前を出してもいいだろう。株式会社ビーコスという。
フィリピンの結婚証明書・出生証明書の翻訳は経験があり、それなりに自信もあった。
ところが、データ形式(word形式。これだけでも太っ腹。せこいところなら書式を使い回されるのをおそれPDFで送るところ。wordなら細かい修正ならこちらでできる)で送られてきた訳文には目を見張った。
フォーマットが原文そのままでわかりやすい。
訳文も「ここはこう訳せばよかったのか!」と驚くようなすばらしいもの。
「やはりプロ(専門家)は一味ちがう。「餅屋は餅屋」というのは本当だったんだな」と思った。

次にまたフィリピンの書類の翻訳が必要になったとき、前回味をしめた私が業者に依頼することを考えたのは当然だろう。
しかし、ビーコスさん、質はいいのだが、ちとお高い。
もっと安いところないかと探したら、ビーコスの三分の一程度でやってくれる個人業者が見つかった。
しかし、送られてきた訳文はPDF。
それだけならまだしも、あちこちに間違いが。
そもそも、年月日にミスがある。
フォーマットに直接うちこむのではなく、別の依頼で作成した訳文を使いまわし、ろくに校正もしていないのだろう。
さらに、地名・人名にもミスがある。
明らかに英語を少々かじっただけでフィリピンの人名や地名についての知識はない。
「バランガイ」という言葉も知らず、「ハビエル」を「ヒビレ」と記入する。
たしかに原文は印刷状態が悪く、読みにくいが、基本的な知識があればするはずのないミス。
例えるなら「太郎」を「犬郎」とするようなミスがある。
別に専門書を読むまでもなく、ちょっと検索すれば出てくる知識。
そのとき、もう一つのことわざを思い出した。
「安物買いの銭失い」
帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所



タグ:翻訳
【行政書士の最新記事】
posted by 行政書士  小林 憲一 at 18:38| Comment(0) | 行政書士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: