2020年04月08日

二重国籍について

国籍法
日本の国籍法は第5条の帰化許可条件の5号で「国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によつてその国籍を失うべきこと。」と規定し、第11条は「日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。」と規定する。
外国人が日本国籍を取得した場合元の国籍を失い、日本人が外国の国籍を取得した場合日本国籍を失う。
いずれにせよ、日本国籍と外国国籍が併存することはない。
日本は二重国籍(多重国籍)を認めていない。
ところが、世界では二重国籍を許容している国も珍しくない。
アメリカやブラジルなどがそうだ。
移民によって成り立ってきた国なのだから、そうなるのだろう。
そもそも、アメリカやブラジルは出生による国籍取得についても出生地主義をとっている。
両親の国籍に関わらず、アメリカの領土内で生まれればアメリカ国籍を取得できる。
以前、外国人向けの相談会でブラジル人から「私達の子供は日本で生まれた。日本国籍を取得できないか?」という質問を受け、驚いたことがある。
慌てて、「日本は血統主義(親のいずれかが日本国籍を持っていなければ出生のよって日本国籍を取得できない)をとっており、日本国籍の取得(帰化)には大変むずかしい手続きが必要になる」と伝えたが、あまり納得していない様子だった。
私は国籍に関する考えが根本的に違うのかもと思った。
日本人は単一民族のせいか、民族と国籍を結びつけて考えるようだ。
そこで、国籍を変えるのは大変なことだし、国籍を複数持つなどとんでもないと考える。
ところが、ブラジルは多民族国家だから国籍と民族を結びつけることがない。
結果、日本人から見ると、国籍について軽く考えているように見える。

ただ、これからの世界を考えると、日本人も国籍についてフレキシブルに考える必要があると思う。
帰化手続きはより簡便であるべきだし、二重国籍についても友好国であれば許容する方向でいいのではないかと思う。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
【帰化の最新記事】
posted by 行政書士  小林 憲一 at 16:59| Comment(0) | 帰化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: