2022年03月18日

auを解約した。

IMG_0376.jpg
auの携帯を解約した。
思えば、auとの付き合いは長かった。
初めて手にした携帯がauだった。
20年、いや30年近く前になる。
手にしたのは同世代よりかなり遅かったと思う。
auを選んだのは家族がauと契約していたからにすぎない。
スマホなどなくガラケーだけの時代。

その後、iphoneがでた。
衝撃的だった。
アンドロイド携帯などまだなく、競合するスマートフォン?はあったが話にならなかった。
当時、iphoneを扱っているのはソフトバンクのみ。
auを解約してソフトバンクに乗り換えた。
ソフトバンクの営業がわざわざ事務所まできて操作法を教えてくれたことを覚えている。

しかし、auもiphoneを扱うようになり、またauに戻した。
途中、自分はiphoneの機能をとても使いこなせていない。
ガラケーとノートパソコンの組み合わせで十分なのでは?と思ったこともあったがズルズルと使い続けた。
その後、スマホ全盛の時代となり、ガラケーという選択肢が消滅した。
最初買ったのがたぶん3s、次は4s?5sは買ったか?
6sをかなり長いこと使ったが、一昨年やっと12に買い替えた。
買い替えと同時に初めて通信無制限、テザリング60ギガのコースにしてみた。
明らかにオーバースペック。
仕事に使うのだからと自分に言い訳をしながら使っていたが、結局月の使用量は1ギガを超えることはほとんどなかった。
安いコースに切り替えようかと思ったが、テザリングが使えるコースだと一気に使用ギガが減るのにさほど安くならないことがわかりふんぎりがつかなかった。

アンドロイド携帯をバカにしてきた私だが、弟に強く勧められて楽天モバイルを試してみることにした。
一番安いrakutenhands。
12,800円。
今使っているiphone12の十分の一の値段。
しかも、同額の楽天ポイントが入るので実質無料。
1ギガまでなら携帯料金も無料。
使ってみて驚いたiphon12と操作感、反応速度は変わらない。
むしろ、指紋認証が使え(iphone12の顔認証はいちいちマスクを外さなくてはならず鬱陶しかった)、ホームボタンやバックボタン、タスクボタン(iphoneのタスク表示はむずかしく最近つかいこなせるようになった)があるのがうれしい。
iphoneで使ってきたアプリもandroid版をGoogleplayからダウンロードでき、ログインできた。
電波状況も悪くない。
JR名古屋駅の「うまいもん通り」周辺のみまったく電波のつながらない場所があった。
これ以外の場所は全く気にならない。

しばらく2台持ちでもいいかと思ったが、思い切って解約した。
機種代金は払い続けなければならないが、かなりの節約になる。

20年以上続いた縁も切れるときはあっという間だった。









posted by 行政書士  小林 憲一 at 19:04| Comment(0) | 日記

2022年02月02日

何度同じ失敗を繰り返せばいいのか

また、失敗した。
先日、植え替えをしたばかりの多肉植物(正確な名前は忘れた)が枯れている!
鉢枯れそう (1).JPG
もともと鉢植えだったのが、私のミスでしおれさせてしまった。
水のやりすぎが原因だった。
万が一にでも回復してくれたらと、庭に植え替えたところ、元気を取り戻し、新しい葉も生えた。
その後寒くなり、鉢に植え替えて家の中に入れようかとも思った。
しかし、また枯れさせてはとミニ温室を購入して年を越した。
1月に入り、驚くほど寒い日が続いた。
見ると、葉の色が悪くなっているように見える。
土を触ると驚くほど冷たい。
遅くなったが、やはり家の中に入れてやった方がいいのかと思い、鉢に植え替えた。
ところが、その後晴天続き。温かい日が続いた。
植え替えのとき、元気のない葉は残した。
その葉は元気。
庭元気.JPG
植え替えの必要などなかったのだ。
また、植え直すことにする。
これで元気を取り戻してくれればいいが。
庭枯れ.JPG


posted by 行政書士  小林 憲一 at 17:56| Comment(0) | 日記

2021年06月02日

韓国書類の翻訳(韓国除籍謄本訳文の書式)

韓国除籍謄本の訳文の書式を紹介する
韓国除籍謄本 書式.xlsx

当事務所において使用する、韓国身分関係書類の訳文書式は以上となる。

記号○はハングル。
記号△は数字。
記号×は漢字を表す。
家族関係登録に関する証明書、除籍謄本等、韓国の身分関係書の書類はほとんど漢字を使用しない。
本人の姓名のハングル表記の後のカッコ書きの漢字表記と本貫(「본(本)」とのみ記載される)だけ。
両親の姓名など小さい欄の姓名はハングル表記のみで漢字表記は記載されない。
韓国の姓名は日本のそれと同じくハングル表記のみでは元の漢字名を特定できないので本当は不便なのだが。
(日本人でも「ケンイチ」だけでは「憲市」「健一」「賢一」「健壱」どの漢字名か特定できないようなもの)。
ややこしいことに日本と同じく漢字が同じでも読み(ハングル表記)が異なる場合もある。
(日本人名でも「憲一」は「ケンイチ」とも「ノリカズ」とも読めるようなもの)

翻訳においては原文ではハングル表記でも、他の資料(古い除籍謄本など)で漢字表記が判明する場合は漢字表記で統一した方がいいだろう。
出生届記載事項証明書、婚姻届記載事項証明書など日本側に資料はすべて漢字表記なので、ハングル読みのカナ表記では資料間の整合性をチェックできない。
漢字表記を特定できない場合はハングル読みのカナ表記にするしかないのだが。
posted by 行政書士  小林 憲一 at 16:02| Comment(0) | 日記