2020年09月08日

帰化と入管手続

前回、kika.ccのサイト。「帰化・入管手続ならおまかせ」というサイトをひさしぶりに更新したことを書いた。
このサイト名、行政書士を始めて間もない頃に決めたもの。
当初は「帰化と在留手続」だった。

この2つの手続き、外国人に関わる手続きというだけが共通点で、じつは全く違う。
入管手続は外国人が日本に入国し、生活していくための手続き。
帰化許可申請は外国人が日本国籍を取得して日本人になるための手続き(原則として従来の国籍は放棄することになる)

当たり前だと思う人もいるかもしれないが、入管手続の一つである永住許可申請と帰化許可申請を混同している人もいる。
住居要件の関係から、永住許可申請より帰化許可申請の方がやさしいと誤解している人さえいた。

そもそも申請する役所がちがう。
帰化許可申請は申請人の住所地を管轄する法務局。
入管手続は申請人の住所地を管轄する出入国在留管理局。

入管手続の申請取次はもともと行政書士が開拓した仕事。
入管で出会う士業も行政書士仲間がほとんど。
それに対し、法務局は本来登記を扱う役所で司法書士のホームグラウンド。
行政書士はアウェー感が強い。

私が仕事を始めた頃は担当官のあたりもきつかった。
「帰化は権利でもないし、義務でもない」という趣旨の言葉を言われたこともある。
相談の付添さえ認められず、部屋の外で待つように言われたこともある。
現在は行政書士に手伝わせた方が手続きがスムーズに行くことが法務局サイドもわかってかなり改善されているとは思う。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 16:25| Comment(0) | 外国人ビザ

2020年08月06日

外国人の再入国

昨日、8月5日より外国人、入国拒否対象地域からの再入国が許可されるようになった。

以前は永住者、永住者の配偶者、日本人の配偶者等、定住者、それも特段の事情(日本に家族を残している、子供が日本の学校に通っているなど)がある場合に限られていた。
入国拒否対象地域について
再入国許可される特別の事情について(8月4日以前)

8月5日からそれ以外の外国人(「留学」「技術・人文知識・国際業務」「経営・管理」など、アメリカなどの入国拒否対象地域からも入国拒否対象地域指定前に再入国許可を得て出国した外国人は対象となる。

なお、再入国の許可の要件として
1 在外公館(現地の大使館・領事館の発行した再入国関連必要書類提出確認書(申請にはパスポート、在留カード再入国関連必要書類提出確認書交付申請書が必要。先着順なので時間が掛かる可能性も)
2 現地の医療機関が発行した検査証明書(フォーマットあり)
なお、従来の水際対策も維持されているので、空港においてもPCR検査を受け、14日間の自宅待機をしなければならない。電車、バスなどの公共交通機関の使用も禁止されるので空港から自宅へもマイカーかタクシーの利用が必要となり、利用できなければ14日間空港で待機。

朝日新聞の記事(具体的ではないが、わかりやすい。概要をつかむのによい)

京都大学の資料(具体的でわかりやすい)

外務省の資料(もっとも信頼できる資料だが予備知識がないとわかりにくいかも

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 15:26| Comment(0) | 外国人ビザ

2020年06月19日

ひさびさの入管

申請取次のためにひさびさに名古屋出入国在留管理局へ
ひさしぶりに行くと、整理券の自動発券機がなくなり、手渡しに。
不特定人が手を触れるのはやはりよくないということだろうか?

いつものように朝一番に行けばよかったのだが、午後に行ったため2時間待ち。
まだ人は少ないだろうと油断していた。
公式twitterで待ち時間を確認しておくべきだった。
名古屋出入国在留管理局

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 14:51| Comment(0) | 外国人ビザ