2020年09月29日

韓国書類の取得

韓国から書類を取り寄せるのは昔は大変だったと前回書いた。
いや、当時はなれない韓国語(韓国の人にとっては相当変だったと思う)で申請書を国際郵便で送った。
返信用の封筒を入れておいたが、やはり規格がちがうらしく、変な日本語が書かれた茶封筒で書類が送られてきた。
手数料については 日本円を多めに入れて送った。
当時は円がウォンに対し、今以上に強かったからまあいいだろうとw。
お釣りはこないことも、ウォンで送ってくれることもあった。
今思うとおおらかな時代だった。

その後、帰化を依頼する本人は韓国語がわからなくても、父母や祖父母は韓国語がわかり(一世なら当然だし、二世でも日常会話程度なら問題ないケースが多い)、韓国との親族との交流もあるケースが多いことがわかった。
現地の親族に連絡して取得してもらい、郵送してもらうのが早い。
現地に定期的に里帰りしている人の場合、現地で取得して持ち帰ってもらえればいい。

依頼人が望むのは、早く確実に許可を勝ち取ること。
もちろん、なかにはすべての作業を丸投げしたいという人もいる。
しかし、わずかでも許可が早く確実になるのであれば、自分が動くことはさしつかえないという人も多い。
そのことがわかるまで長い時間がかかってしまった。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 17:23| Comment(0) | 帰化

2020年09月28日

韓国籍の帰化について必要書類2

前回の続き。
韓国籍の帰化許可申請にあたって、身分関係の書類が膨大になってしまう理由について。
昔は韓国も日本に似た戸籍制度を採用していた。
この時代は戸籍謄本、除籍謄本を申請すれば十分だった(まあ、そのかわり韓国に直接申請しなければならず、その点が大変だった)。
しかし、韓国は2008年に戸籍制度を廃止し、家族関係登録簿の制度を採用した。
この家族関係登録簿というのが曲者。
戸籍なら謄本を取得すればいい。
しかし、家族関係登録簿の場合、プライバシー保護の観点から目的に応じた証明書しか発行シてくれない。
出生証明書、死亡証明書としては基本証明書。
両親や子について知りたければ家族関係証明書(兄弟姉妹については記載されない。兄弟姉妹について知りたければ親の家族関係証明書を取得する必要がある)。
結婚しているか、誰と結婚しているか知りたければ婚姻関係証明書といったように。
すべてを明らかにしたければすべて取得するしかない。

ただし、問題はこれだけではない。
家族関係登録簿が曲者である点がもう一つ。
家族登録簿に記載されるのは当時生存していた韓国人だけ。
当時すでに死亡していた人や帰化していた人は記載されない(2008年以降死亡した人は「死亡」、帰化した人は「国籍喪失」と記載される。
2008年以前死亡した人や帰化した人の情報を知りたければ除籍謄本を取得するしかない。

まあ、こちらは法務局の要求する書類を揃えて出すしかない。
(取得不可能な場合はその旨説明すれば代替案を指示してくれる)
韓国の役所に国際郵便で請求していた頃に比べれば手数料も時間もたいしてかからないのが救いだ。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所



posted by 行政書士  小林 憲一 at 16:16| Comment(0) | 帰化

2020年09月24日

韓国籍の帰化について必要書類

帰化許可申請は申請人の住所地を管轄する法務局(支局含む)の相談から始まる。
ここで最初の聞き取りが行われ、提出すべき書類が指示される。
まず身分関係の書類が指示される。
韓国籍の場合、韓国から取得すべき書類は通常次の通り。
1 本人の基本証明書
(本人の出生日時や出生場所などが記載。死亡している場合は死亡日時なども記載される)
2 本人の家族関係証明書(両親、子供がいれば子供の名前、出生日時が記載。兄弟姉妹は記載されない)
3 本人の婚姻関係証明書(結婚していれば配偶者の名前、出生日時、婚姻申告日などが記載。日本の市役所に婚姻届を出していても韓国領事館へ届けをだしていなければ記録事項なしと記載される。)
4 本人の入養関係証明書(養子縁組をしていればそれについて記載)
5 本人の親養子関係証明書(日本でいう特別養子縁組について記載)
6 父の家族関係証明書
7 母の家族関係証明書
8 父の婚姻関係証明書
9 母の婚姻関係証明書
10 父の除籍謄本
11 母の除籍謄本
このように膨大な量となる。
なぜ、ここまで量が膨大となってしまうのか?
次回説明する。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 16:21| Comment(0) | 帰化