2020年03月14日

役員報酬0の「経営・管理」の更新2

「経営・管理」の在留期間更新許可、旧会社が債務超過で解散予定、新会社を設立しての更新に加え、申請人の役員報酬が0、無報酬だったことは前回書いた。
ベテランの先生にとっては珍しい事案でないかもしれないが、ネット上にはあまりあがっていない情報なのでやや詳しく説明する。

実を言えば、役員報酬が一年間0だったことを知ったのは更新申請直前になってから(旧会社解散、新会社設立の情報は知らされていた)。
情報の共有ができていない点は恥じ入るばかり。
日本人の場合と同等額以上の報酬を得ることが重大な要件だと申請人も十分理解していると思っていた。
報酬を理由なく減額することが問題となると教えておいたはずなのだが。
(日本人の場合と同様の報酬を得ることは「上陸許可条件」の一つだが、資格変更や期間更新においても考慮される。理由がなく報酬を減額することさえ、問題となる。)

そこで、理由書において
1 申請人が自主的に決定したこと。
2 旧会社が債務超過であり、新会社においても財務状況に不安があったこと
3 新会社設立において、財務状況が安定するまで、役員報酬を0にすることは日本の会社において珍しいことではなく、むしろ役員の誠実さを示す事実とされていること。
4 申請人はヨーロッパの本社からの給与、資産運用によって、日本での生活に不安がなかったこと。
5 他の役員全員(日本人役員含む)も同時期無報酬であったこと(詭弁めくが3の事実と合わせ、日本人と同等額の報酬を得ていたともいえる)
6 現在は役員報酬の支払いを受けていること
7 そもそも、日本人と同様の報酬を受けるべきという要件の趣旨は、搾取を防ぎ、申請人の生活を安定させ、もって在留活動を十全ならしめることにあると考えられるが、上記1〜7の事実から今回の無報酬は「経営・管理」の在留活動を十全ならしめるための一時的なものであり、上記の趣旨に反しないと主張した。
無報酬決定の議事録、報酬開始決定の議事録の写しも添付した。

付け加えれば、今回提出した直近の「所得・課税証明書」は報酬が支払われていた時期のもので、ごまかそうと思えばできないことはないケースだった。
しかし、1年ビザしか許可されなかった場合、次回の更新で必ずばれる。
今回、不利な事実を隠したと思われるのは危険。
あえて、議事録の写しと理由書を提出し、無報酬の事実を申告した。
そのあたりが評価されたのかもしれない。

いうまでもなく、更新において報酬は0どころか減額も好ましくない。
やむをえず減額する場合は、
1 減額後も日本人が受ける場合と同等額以上といえること
2 減額する正当な理由があること
3 減額が一時的なものであること
を説明した理由書と減額についての議事録等を添付する必要がある。

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 12:41| Comment(0) | 外国人ビザ

2020年03月13日

役員報酬0の「経営・管理」更新

報告が遅れたが昨日も朝1で名古屋入管へ行ってきた。
以前書いた許可されるか不安だった経営・管理の期間更新が許可されたで書いた「経営・管理」の在留期間更新許可の在留カードの受け取り。
朝、8時前、名古屋入管の扉前に並ぶ。
今回は私が一番乗り(笑)。
何かと気合が入っているが時間がない。
申請人は7時半の新幹線で名古屋到着、11時の新幹線で名古屋を発たなければならない。
悠長に9時すぎに申請していたら、間に合わない恐れがある。
8時、正面玄関の扉が開き、2階扉前で待つ。
8時15分ごろ、申請人が到着。在留カードとパスポートを受け取る。
8時30分、扉が開くと同時に7番窓口に直行。
通知書(はがき)と受付書、在留カード、パスポートを提出して、番号札をもらう。
待ち時間に収入印紙4,000円を買う(手数料納付書には署名をもらってある。ブロック体のフルネームといわゆるサインの両方)
9時窓口業務開始とともにすぐに番号を呼ばれる。
新在留カードとパスポートをもらう。
新在留カードをコンビニで素早くコピー。
新在留カードとパスポートを申請人に渡す。
申請人はすぐに入管を後にした。
これなら、余裕をもって新幹線に乗れるだろう。
残念ながら1年ビザ。
ただし、今回は難しい事情があった。
旧会社が債務超過状態なので、清算し、新会社を立ち上げての更新ということは許可されるか不安だった経営・管理の期間更新が許可されたで説明したが、それに加え、前年度の役員報酬0、無報酬だった。
(次回ブログに続く)
帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 11:00| Comment(0) | 外国人ビザ

2020年03月10日

朝1で名古屋入管へ

今朝は5時起き。
永住許可の新在留カードをもらいに行く。
8時前に、名古屋入管前に到着。
8時前だが、もう人が並んでいるので、列に加わる。
8時に玄関が開くので、二階へ。
二階の扉が開くのが8時半。
ハガキとパスポート、在留カード、受付書を提出して、番号札をもらう。
コンビニ隣の販売所で収入印紙8,000円分購入。何もいわないと手数料納付書に貼り付けて渡そうとするが、こちら取次で手数料納付書にはもう署名をもらってある。
9時窓口業務開始とほぼ同時に「永住」の新在留カードゲット。
入管を初め、役所は朝一で行くに限る。
結局、時間を節約できる。
朝1で行くのが無理でも午前中に行くべき。
午後、特に月、金の午後に行くのは最悪。
混んでいるときは何時間待たされるかわからない。
今は公式twitterで混み具合を教えてもらえるのでその点は助かるが。
帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県刈谷市外国人ビザセンター
小林行政書士法務事務所
posted by 行政書士  小林 憲一 at 17:09| Comment(0) | 外国人ビザ